特措法改正とマスク常時着用の危険性

Sponsored Links

2月13日に特措法が改正されました。

内容を具体的に言うと飲食店において、マスクを着用しないお客様を店内に入れない事です。
たたでさえ、飲食店に対しては午後8時までの営業を強制しており、それに付け加え、お客様に対して、お店がマスク着用を義務付けさせるとは飲食店を締め出す感じがしてなりません。

このマスク着用の義務付けを守らせないお店に対しては罰則をもうけるとのことです。これは間接的にはお店に対して、マスク着用を強制していますが、実質的には国民に対して、マスク着用を強制しているものであると考えられます。

【販売開始から1時間で300個売れた】CBDオイル

 そもそも、マスクは長時間着用していると呼吸が苦しくなり、脳内の細胞が異常をきたすものであるそうです。
また、これまではマスクは一枚の着用が常にでしたが、ここにきて、マスクを二重にする案を国などの政府は考えているそうです。

生活習慣病などの改善へ!手作り宅配健康食

マスク着用は最初は息苦しいですが、だんだんと体が慣れてきますが、これはマスク常時着用によって、脳内の細胞がやられてしまっているみたいです。

上記の事から私個人的な見解ですが、マスク着用の強制は国民の免疫力を弱らせて、なんらかの事を企んでいる、そして、タバコや酒税の減少を国民のマスク購入費用で賄おうとしていると思えてなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました