新型コロナワクチン接種はいつからか? その危険性について

Sponsored Links

新型コロナウィルスワクチン接種はいつからか

新型コロナウィルスが発生して、一年が経ちますが、ワクチンの接種が日本で開始する見込みとなりました。

医療従事者は2月中旬から接種が開始されており、接種によって、副作用が確認されています。
高者は4月から接種を開始する見通しで6月末までに完了を目指すと名言しています。
高齢者施設従事者及び、基礎疾患のある方、60歳から64歳の方は6月から接種を開始する見通しとなりました。
それ以外の一般の方は供給量に応じて、順次接種開始となっており、まだ未定といったスケジュールになっています。

生活習慣病などの改善へ!手作り宅配健康食 

ムーンショット計画との関係性があるのでは?

政府の内閣府によると2050年までにムーンショット計画を完了させるとなっており、世界の人口の70億人から5億人までに人口を減らしAIと共存して生活することを目標に掲げています。
よって、今年の2021年からワクチンを打つ方と打たない方の二極化の構造が形成され、打たない方が今後、生き残れるのではないかといった情報がメディアでは一切報じませんが、インターネット媒体で広がっています。
ムーンショット計画とはヒトの脳にマイクロチップを埋め込み、その意識体を政府が保有するサーバーに飛ばし、別の体といれかえさせるといった不思議な計画です。

ワクチンを打つのは危険

新型コロナウィルスのワクチンの開発に携わったのはアメリカの大手IT企業のCEOでこの人物は家族にはワクチンは打たせないと名言しています。これは理解に苦しみます。
新型コロナウィルスのワクチンにはナノと呼ばれる10億分の1のマイクロチップが入っている可能性が高いこと、妊婦の体には副作用が出ることや遺伝子組み換えの作用があり非常に危険であると個人的には感じています。
また、ワクチンを打ったからといって新型コロナウィルスに感染しないとは言えず、ワクチンを打つメリットはないと個人的には感じます。

話を戻して、上記の人物は2019年の会合で新型コロナウィルスの発生を予言しており、個人的にはこの人物が新型コロナウィルスのパンデミック化に関与していると感じています。

結論として新型コロナウィルスワクチンを打つのは個人的には危ないと考えられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました