緊急事態宣言延長 協力金やオリンピック開催などについて

Sponsored Links

2021年2月1日に緊急事態宣言が延長されました。期間は2021年3月7日までの延長と決定され、飲食店の協力金などについても若干変更となる見込みです。
今回の緊急事態宣言延長については、メディアでは若干とりあげられるものの、ネット上ではあまり関心がなくSNSなどのトレンド入りなどもしていない状況です。

Sponsored Links

緊急事態宣言の延長理由は医療がコロナ患者においつかないため、それを立て直さないといけないため、延長されました。

緊急事態宣言の対象地域については東京、神奈川、埼玉、千葉、岐阜、愛知、大阪、京都、兵庫、福岡となりました。

緊急事態宣言延長の内容については飲食店の営業時間は夜8時まで、不要不急の外出を控えるよう要請、学校は休校はしない、大学入試は行い、イベントの来場者数は5000人までにとどめるといった内容です。

また、今回の緊急事態宣言延長にともない、緊急事態宣言がでていない静岡などの地域でも飲食店の時短営業については協力金が出る見込みです。

オリンピックについてですが、2021年の7月に開始予定ですが、上記の緊急事態宣言延長でコロナ感染者数が押さえ込めなければ、オリンピックの中止・延期となる見込みです。
外国では日本政府はワクチンが開発されれば、すぐにコロナが収まるといった解釈をしており、外国からは選手団を派遣するべきではないといった、批判的な意見がでています。

菅政権については今回の緊急事態宣言延長でコロナ感染者数が押さえ込めなければ政権の運営が厳しいと自民党のベテラン議員は発言しているそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました