地元の野池でバス釣り 11月27日 【この時期の狙い目の時間帯】

ルアーとフィッシュグリップ バス釣り
Sponsored Links

【晩秋】 地元の野池でバス釣り 釣果情報

金曜日は岐阜の地元の野池に夜釣りにいってきました。外気温は14度くらいでここ一週間で比較的、暖かいほうでした。狙ったポイントは風の影響を受けにくい入江のゴロタ石の点在するポイントで広範囲に探っていきました。この時期のバスを狙う時のポイントは釣りをする時間です。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

この時期は気温が徐々に下がりターンオーバーが発生します。朝マズメくらいが放射冷却によってターンオーバーが発生して、魚の活性が下がります。
しかし、正午くらいになり太陽が上がり水温が上昇し始めるとともにターンオーバーの影響は徐々にうけなくなります。
したがって、釣りをするなら、正午から夕方五時くらいがベストであると思います。

釣果、使用ルアーなど

開始早々、レイドジャパンのレベルバイブブーストでアタリがありましたが、鯉のスレがかりでした。その証拠に魚の巨大な鱗が針にかかっていました。

その後もアタリがジャッカルのフリックシェイク4,8インチのジグヘッドワッキーで一回コツっといったアタリがありましたがのらず。レベルバイブブーストにも、2、3回あたりがありましたが鯉かヘラブナのスレがかりであったと思います。

この日は三時間ほど釣りをしましたが、ノーフィッシュで終わりました。

コメント

  1. online より:

    Just wanna admit that this is handy , Thanks for taking your time to write this. Blinni Sigismond Gabrila

タイトルとURLをコピーしました