初夏の大江川でバス釣り 6月13日 ポイント選びや釣果、使用ルアーなどのまとめ

バス釣り
Sponsored Links

「初夏はどんなポイントを狙っていけばいいのか?」

「初夏はどんなルアーを使えばいいのか?」

はじめまして、RYUです。
バス釣りは小学生の頃からはじめ、今ではバス釣り歴20年になります。

そんな私が今回、夏の大江川でバス釣りをしてきましたので記事にしていこうと思います。

夏の大江川でバス釣り 釣果、ポイント選び、使用ルアーなど

この時期はアフタースポーンでバスは縦ストラクチャー、シェードなどに身を潜めます。

したがって、杭などの縦ストラクチャー、アシまわりを重点的にせめていくこと効果的です。

使用するルアーはテキサスなどのカバーに打ち込めるルアーが根がかりが少なく効果的でまたこの時期は虫が大量に水面に浮いていることが多いので羽根物系のルアーも効果的です。

釣果、ヒットルアーなど

アシまわりをフリックカーリーのダウンショットでネチネチせめていくと直ぐに一匹目をキャッチ。

次にボイルが出始めたので羽根物ルアーのレゼルブをシェイクとステイを繰り返していると水面がバコンといいでかたで二匹目をキャッチ。

羽根物ルアーのなかでもレゼルブは他のルアーと違い羽が強すぎず、弱すぎずといった感じで動くのでハイプレッシャーのフィールドにとてもマッチしていて最近よく使っています。
ルアーは直ぐに外れて、危ないところでした(^_^;)

その後もアタリはありましたが食い切らず、納竿となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました