ブルフラット2インチと根魚フラットの違いや使い方・おすすめリグについてのまとめ

Sponsored Links

「ブルフラット2インチを使ったことがない。」

「どのようなリグがブルフラット2インチに合い、どのようにセットすればいいのか?」

「どのようにブルフラット2インチを動かせばいいのか?」

はじめまして、RYUです。
バス釣りは小学生のころからはじめ、よく、父親に琵琶湖・大江川へ連れて行ってもらい、いまではまだまだ、未熟ですがバス釣り歴20年になります。

そんな私が今回、ブルフラット2インチの使い方、おすすめのリグ、動かし方などをまとめていこうと思います。

後半ではブルフラット2インチと根魚フラットの違いについてもまとめていこうと思います。

ブルフラット2インチと根魚フラットの違いや使い方、動かし方などのまとめ

はじめにブルフラット2インチの購入当初はジグヘッドワッキーで使用していました。

このリグでもバスを釣ることができましたが、やはり、ブルフラット2インチはダウンショットリグのマス針ちょんがけの組み合わせが最適です。

ブルフラット2インチの刺し方は頭部分にマス針をちょんがけして、刺しています。

動かし方はブルフラットをボトムまで着底させます。
そして、ロッドを横にストロークさせ中層付近までリフトさせます。
その後、リールでラインのたるみを取りながら、フォールさせます。

ロッド裁きはこの繰り返しでフォール時に一番、バイトが多いように感じます。

おすすめのカラー、簡易式ダウンショットについて

おすすめのカラーはクリアウォーター、マディウォーターともにスカッパノンのカラーがおすすめです。

また、私は毎回、ダウンショットをリグるのが面倒なので、マス針に余ったラインを結んでおき、シンカーをセットして、スナップに付けるだけの簡易式のダウンショットを使っています。

手順をご紹介すると、マス針の中心部分に長めのユニノットを作り固定します。

次にユニノットの固定部分をフックのアイまでずらし、ラインのはしをフックのアイの上から下へ通します。

最後にシンカーを固定してできあがりです。

この方法はネットでも情報が出ていますので毎回ダウンショットをリグるのが面倒な方は一度、試してみてください。

 

ブルフラット2インチと根魚フラットの違いについて

ブルフラットと根魚フラットのアクションやフォルムの違いは全く見分けがつかないように思えます。

また根魚フラットでも同じような釣り方でバスをキャッチしているので正直、根魚フラットで事足りると感じています。

 

強いていえば、ブルフラットは無臭なのに対し、根魚フラットは匂いがついていることくらいです。

以上、ブルフラット2インチ、根魚フラットについての記事でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました