琵琶湖でバス釣り 北湖 4月19日 狙ったポイントと使用したルアーなど

バス釣り
Sponsored Links

2021年5月9日、更新

「春はどんなルアーを使えばいいのか?」

「春はどんな場所を狙っていけばいいのか?」

はじめまして、RYUです。

バス釣りは小学生の頃からはじめ、父親に琵琶湖、大江川へ連れて行ってもらい、いまではまだまだ未熟者ですが、バス釣り歴20年になります。

そんな私が今回、琵琶湖へ短時間釣行へ行ってきたのでまとめていこうと思います。

HEDGEHOG STUDIO・Avail・ZPIなど各種カスタムパーツが勢揃い!

琵琶湖でバス釣り 北湖 使用やルアー・ポイントなど

今回は時間が限られていたので、自宅から距離が近い、北湖でバス釣りをしてきました。

場所は琵琶湖の長浜港でした。

また、春の琵琶湖はスポーニングが南湖から始まり、徐々に北湖に移ってくるので時期的には4月の段階ではまだプリスポーンの時期であったと思います。

狙うポイントは暖かい日が続いていればシャローを狙い、寒い日がつづけば、ディープを狙います。

この時に重要なのはシャローエリアとディープエリアがともに隣接していることが重要となってきます。

今回、実際に狙ったポイントと使用ルアーについて

今回は夕マズメからのスタートとなり、気温も暖かい日が続いていたのでまずはシャローフラットが続くエリアを狙って行きました。

使用したルアーは早春の定番ルアーであるシャッド、クランクベイトをメインに使用しました。

夜まで投げ続けましたが、バスの反応は得られず。

シャローで反応がなかったので見切りをつけ、長浜港の湾内の壁際のやや水深のあるエリアに移動しました。

使用したルアーはジークラックのベローズギルのテキサスリグでした。

このルアーをボトムを取りながら、シェイクしているとクンクンとバイトがあり、巻き上げてみたら、ぼろぼろにされたベローズギルだけが帰ってきて、フッキングができていませんでした(´Д⊂

今回は夜まで粘りましたがバイトは一回のみで納竿となりました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました