バス釣りでおすすめのワームについてのまとめ記事

ブラックバス ソフトルアー
Sponsored Links

はじめまして、RYUです。
バス釣りは小学生の頃からはじめて、いまでは、まだまだ未熟者ですが、バス釣り歴20年になります。

そんな私が今回、ワームについて記事としてまとめていこうと思います。

ワームとはゴムの成分でできた釣り用の疑似餌です。

ミミズやザリガニなどをイミテートしたものなど多種多様にあります。

ワームはハードベイトでバスが釣れない時の最終手段として使用されますが、バサーの方々の中にはどのワームが釣れやすいのか気になるのではないでしょうか?

バス釣りでおすすめのワームについてのまとめ

フリックシェイク

フリックシェイクはミミズの形をしたワームですが、私はザリガニなどの甲殻類を意識して使うことが多いです。
使用するときのリグはジグヘッドワッキー、ネコリグがメインとなります。
フリックシェイクはフォール時やシェイク時に前と後ろのボディが絶妙に上下して、バスをバイトに持ち込みます。
アクションはキャストして一旦ボトムまで沈め、フォール時のアタリをとります。
それで反応がなければ、ボトムを感じつつ、シェイクとステイでバスのバイトを誘っていきます。

フリックカーリー

フリックカーリーはジグヘッドワッキー、ネコリグをメインに使用しています。
フリックカーリーはフォール時、シェイク時にテールがぴろぴろと動き、この動きでバスを誘います。
アクションはフリックシェイク同様にキャストして、フォール時のアタリをとります。
フォール時にバイトがなければフリックシェイクと同様にボトムを感じながら、シェイクとステイの繰り返しでバスを誘っていきます。

リズムグラブ

リズムグラブは最近使用しはじめたばかりですが、琵琶湖や大江川などで結果をだしてくれたので、最近、出番が増え始めました。
リズムグラブは主にジグヘッドリグで使用しています。
フックサイズは#2が最適でジグヘッドの重さは1.3gが個人的には気にいっています。
アクションはキャストして、中層まで沈め、中層付近を泳いでいる小魚を意識して、ただ巻きで使用しています。
(リズムグラブで釣った大江川のバスです。)
ベローズギル

ベローズギルも最近使い始め、主にテキサスリグで使用しています。
アクションはボトムまで沈めて、ボトムをついばむように、ボトムバンピングでボトムを跳ねさせて、使っています。
ベローズギルはザリガニなどの甲殻類、ハゼなどボトムに住むベイトをイミテートさせて、使用しています。
フックは2/0のフックが個人的には気に行っています。
(ベローズギルで釣った野池のナマズです。)
番外編
ワームのカラーですが、クリアウォーターであれば、ナチュラル系のカラーを。
マディウォーターであれば、派手目のカラーを使用すると良いと思います。
また、春のスポーニングの時期は赤がよく、夜釣りであれば、ブラック系のカラーがいいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました